園だより

トップページ  場所と特徴  保育室便り  保育方針  Q&A  年間行事  ランチ  ひよこ  経費など  若草教会HP

  





                                            


2017年6月の園便りから

 
 「野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。…栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。…野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか」(マタイ6:28-30)
 自分で働いたり、紡いだりしないような野の草花のためにさえ、神は雨を降らせ、太陽の光を注ぎ、栄養分を与えてくださって、ちゃんと成長させ、一つ一つの花にそれぞれ固有の美しさを与えてくださいます。大神殿を建て、数々の財宝を手に入れることができたソロモンよりももっと、あの一本の野の花を神さまは美しく着飾らせてくださるのです。それならば、私たち一人ひとりを神は本当に愛し、配慮してくださることは確かです。この神に信頼するとき、今日を生きる力が生まれます。
 幼稚園では、それぞれの家庭から花を持ってきて「花の日」の礼拝を持ちます。花の日は19世紀にアメリカの教会で始まりました。小さな花も美しく咲かせてくださる神さまに感謝して礼拝を守り、礼拝後は花を携えて派出所や各社会施設を慰問します。(園長)

                                       
2017年5月の園便りから
 聖書は「私は魂を沈黙させます。私の魂を、幼子のように、母の胸にいる幼子のようにします」(詩編131:2)と、母親のふところに眠る幼子の様子を描きます。幼子が母親のふところに抱かれを望むのは、乳を欲しがっているからではなく、ただ母親と一緒にいると安心感があるからです。幼子は母親の(父親であっても)そのふところに抱かれているだけで安心して、眠ることが出来るのです。
 神さまと人との関係も同じです。母親が幼子の眠りを支え守るように、生活のすべてを守り導かれる神さまがいてくださるから、安心していられるのです。だから聖書は、主なる神のもとに守られている確かさを繰り返し語ります。そして、神さまにこそ真実の希望があることを私たちに示しています。(4月の「園長を囲む会」より)
                                       


2017年4月の園便りから
  「イエスは知恵が増し、背丈も伸び、神と人とに愛された」(ルカ2:52)と、聖書には、イエスさまがクリスマスの出来事の後にどのように育ったのか、幼子からたくましく育って「背丈も伸び」それと同時に「知恵が増し」と当たり前のことが告げられています。ここには何気ない言葉ですけれど、ほんとうに大切なことが書かれているのです。自分で生きる環境を作り出せない幼子にとって、心も体も健やかに育っていくためには、周りの人に愛されるということが欠かせません。
 わたしたちは、子供たちに「神と人とに愛された」と、言い切ることが出来る日々を与えてあげたいと願い、2017年度は「愛されて育つ」という年間主題を掲げました。子供は神さまと人とに愛されてこそ、知恵が増し、背丈も伸び、心も体も成長していくのです。新しいお友だちを迎え、若草幼稚園の2017年度の歩みが始まりました。幼稚園とご家庭が一緒になって、一人ひとりの成長を見守っていきましょう。皆さまに神さまの祝福が豊かにありますよう祈ります。   (園長)
                                  
                    


2017年3月の園便りから

 聖書に出てくるお金の単位にタラントンがあります。1タラントンは労働者の20年分の賃金にあたりますから、とても大きな額です。イエスさまの例え話にも、タラントンの例え話(マタイ25:14-30)があります。そこでイエスさまは、一人ひとり異なるタラントンが与えられており、そのタラントンを与えてくださったお方を信じて自由に使うように促しています。このタラントンから生まれた言葉に「才能」あるいは才能を持っている芸能人などのことを言うタレントがあります。神さまから与えられた能力がタレントであり、タラントンです。それは、特別の人間だけではなく、私たち一人ひとりには、異なるタラントンが与えられ、それも計り知れないほど大きなタラントンが神さまから与えられているのです。
                                                 (「園長を囲む会」より)
                                                      
 

2017年2月の園便りから
 
「むやみと 歩きたくなる あるくことが いちばんすぐれたことのようにおもえてくる」 この詩は、クリスチャン詩人八木重吉の「歩きたくなる」という詩です。子どもたちの歩みは、こんな歩みかもしれません。むやみと歩きたくなる、もっともっと歩きたくなる生活です。なぜそうなるのか。歩きたくなるのは、確信があるからです。光となってクリスマスに来てくださったイエスさまが、いつも私と共にいてくれることを信じられるから、いつも私の歩みを光が照らしてくださることを信じられるから歩き続けたくなるのです。
 もちろん、むやみに歩くといっても、幼稚園で歩き方を教えます。特に天気の良い日に行くお散歩は歩き方を覚える大切なときです。友達と手をつないで、教師たちに見守られながら歩きます。そのようにして、友達や教師たちと、そして、保護者の方々と一緒に歩きながら子どもたちは歩き方を覚えます。何よりも、どんな歩みにもイエスさまが共に歩んでくれていることを子どもたちは覚えることで、安心してしっかりと歩みを進められるのです。(園長)

     

2017年1月の園便りから
  
明けましておめでとうございます。新しい2017年もイエスさまの少年時代がそうであったように「神と人とに愛されて」(ルカ1:52)心も体も成長していきますように、またご家庭に神さまの祝福がありますよう、お祈りいたします。
 聖書は、私たち一人ひとりに異なる賜物(カリスマ)が与えられていると語ります。ですから、子どもたち一人ひとりにも神さまからの異なった賜物が恵みとして与えられているのですから、一つとして全く同じではないということです。子どもたち一人ひとりは、一人ひとり全く異なった賜物を神さまから与えられているカリスマ園児なのです。
 昨年末のクリスマス会は祝福のうちに行われました。子供たちがそれぞれの役を十分に果たしきって、クリスマスの喜びを全身で表現できました。感謝です。

 保護者の方々には、一人ひとりの成長の姿を見ていただけたことと思います。子供たちにとってこのクリスマスでの経験は今後の成長の良き糧となることでしょう。お友達みんなが参加したことで、子供同士の結びつき強く深くなります。それらが合わさり、3学期の成長につながっていくことを願っています。 (園 長)

                                             
2016年12月の園便りから
 博士たちは星に導かれベツレヘムの馬小屋でイエスさまを礼拝し、黄金と乳香と没薬のささげものをします。これらは、どれも宝物ですから、出産祝いに何か適当な物を買ってもってきたのではなくて、自分が大切にしてきた物です。それがなくなっても少しも困らないものなどを宝物とは呼ばないでしょう。星占いをするときに、乳香や没薬を使ったともいわれるのですが、そうすると商売道具であり生活の手段です。しかし博士たちは、宝物を捧げるのです。なぜ博士たちは、宝物を捧げられたのか。それは、生きていくことの心配がなくなったからです。星を探さなくても星を見つけられたからです。自分は救われるのだという確信を持ったからです。クリスマスは喜びの時です。私たちが宝物を捧げる前に、神さまが私たちに宝物を下さったからです。
 喜びのクリスマスを子どもたちといっしょに迎えましょう。 (園長)              

                        

2016年11月の園便りから  
 神さまは、私たちが神さまを愛する前から私たちのことを愛し、私たちが賛美をささげる前から、私たちのための祝福を用意し、その思いを永遠に持ってくださいます。聖書には「主を畏れることは知恵の初め」(箴言1:7、詩編111:10)という言葉があります。神さまを畏れることは怖がることではありません。私たちを愛してくださる神さまを神として礼拝することです。「主を畏れる」ことの反対は「自分を神とし、自分の上に権威を認めない」ということです。現代社会の問題の根源を見るような気がします。聖書は「主を畏れつつ生きる」という姿勢について語っています。主を畏れることから始まる知恵とは、生活の知恵、学習による知恵ではなく、人生を意味あるものとする知恵です。それは、私たちを永遠に愛してくださる神さまに対する敬虔から始まるのです。私たちの善意や好意は一時的なものがずいぶんあります。あきてしまったり、心変わりしたり、私たちの誠実さにはあてにできないのす。しかし、私たちに対する神さまの愛は「永遠に続く」のだと聖書は教えています。神さまを畏れつつ、感謝しつつ、子どもたちと日々過ごしたいと思います。  (「園長を囲む会」より)

                                            

2016年10月の園便りから
 「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである」(マタイ7:24-25、ルカ6:48)。イエスさまは、土台がしっかり造ってあるならば、洪水が来ても、地震が襲ってきても簡単に壊れることはない、というたとえ話をされました。私たちの人生において土台をいつ、どのように築くのか。成長の基礎となる幼児期において、土台を築いていくということが大切です。今、このときが子どもたちの体にとっても心にとっても、大切なときであることは確かです。もちろん、あせる必要はありません。時間は十分にあります。親だけで悩む必要もありません。教師たちも子どもたちの土台を造るために共に悩み励みます。何よりも、子どもたちの命を与え、支えて下さる神さまが、共にいてくださいます。今こそ必要な愛情をたっぷり注ぎ、手間を十分にかけ、ご家庭と園とが協力して、一人一人の健やかな成長を楽しみに見守ってまいりましょう。 (「園長を囲む会」より)



                                              
2016年9月の園便りから
 「主は(わたしの)羊飼い、わたしには何も欠けることがない」(詩編23:1)と詩編の作者ダビデは、人生を振り返った時に、「何も欠けることがない」、と言えました。それは、「わたしの羊飼い」を知っていたからです。もともと羊飼いだったダビデは、真の羊飼いである神さまがいつも共にいる確信があったからです。イエスさまは、「私はよい羊飼いである」(ヨハネ10:11)と私たちに語って下さいます。羊飼いは羊を慈しみ守り育ててくれます。それどころか「よい羊飼いは、羊のために命を捨てる」のです。イエスさまが羊飼いとして、私たち一人一人の生涯を守り、導いてくれるのです。
 夏休みの間子供たちの歩みが守られたことを感謝いたします。二学期もイエス様が共にいて守り、導いてくださり、子供たちがのびのびと過ごすことができるように祈ります。 (「園長を囲む会」より)                                                         


                                                 
2016年7月の園便りから
 挨拶の言葉に「シャローム」という言葉があります。「シャローム」とは、「平和」という意味で、「安心」と言っても良いです。どんなときに安心か、それは神さまがいつも一緒にいてくれたら安心です。神さまが、私たちの心の中にいてくれたらシャロームでいられますし、友達との関係もシャロームでいられます。だから、「シャローム」という言葉は、とても素敵な挨拶の言葉です。子どもたちの心にいつも神さまがいてくださり、安心して過ごせるように祈ります。
 もうすぐ夏休みを迎えますが、この時期は自然の中で過ごす時間が増えるでしょう。自然の息吹、神さまの恵みを感じて心も体も成長し豊かにされることを願います。ご両親や兄弟と一緒に過ごす時間が多くなります。家族でしかできないことをする、夏にしかできない経験をする、時間にとらわれず濃厚な家族の時間が過ごせるのも、夏休みの恵みです。(園長) 
 
                                
               

   

  


         場所のご案内と特徴
         保育室便り
         保育方針
Q&A「お答えします」
年間行事
若草ランチ
ひよこ教室
経費など
若草幼稚園ホームページへ  若草教会ホームページへ